No.14 2本のJ160-E

私は2本のJ160-Eを持ってます。
Gibson J160-Eは1950年代に発売された元祖エレアコ的ギターで、ビートルズではとくにJonhが好んで長く愛用したギターです。


初めて手に入れたのは、画像右側のOrville by Gibson J-160Eです。学生時代に京都で人生初めての長期分割ローンを組んで手に入れたギターです。
こちらはGibson製ではありませんが、日本の寺田楽器で制作されたギターでJ-160Eのエレキギター用のピックアップP-90が装着されており、アンプに繋げて弾いた場合にはエレキギターに近い音色が出ます。また、Gibson J160-Eとは異なりトップが単板になっており、アンプラグドで弾いた時にはやさしいアコギならではの音が出ます。

やっぱりあのジャカジャカサウンドが出したくて

画像左側はGIBSON  1964 J-160Eです。
やっぱりあのジャカジャカサウンドが出したくて、2000年当時ビートルズ楽器ショップWITHさんでこだわりのJohn仕様にカスタマイズいただき手に入れました。
こちらはアンプに繋げて弾いた際にはOrville同様エレキギターの音色になりますが、トップがハウリング防止のため分厚い合板で覆われており、そのまま弾くと特長的な打楽器のような分厚く鋭い音を奏でることができます。

J160-Eの本来の音を楽しむ際にはギター弦もこだわりたいところ。Orvilleにはアコギの音色を大切にあえてブロンズ弦を、Gibson160-Eにはやっぱりニッケル弦を張ってあのジャカジャカサウンドを楽しみたくなります。
しかし現在GibsonではJ160-Eに対応した弦セットが終売になっており、入手困難になっております。
このあたりの話題はあらためて・・・。